中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
北京地下鉄の営業距離、今後3年で300キロ延長
  ·   2018-10-26
タグ: 地下鉄;北京;社会
印刷

北京市交通委員会が主催し、北京交通発展研究院が運営する「世界大都市交通発展フォーラム」が北京で24日に開催し、北京市は2020年までに地下鉄の営業距離を300キロメートル延長する計画であることを明らかにしたほか、公共交通バスは、「長距離路線から短距離路線」へのシフトを目指し、「大型ターミナル急行バス」の運行を増やし、地下鉄駅から500メートル以上離れている場所まであまねくカバーする方針であることを明らかにした。北京日報が報じた。

北京地下鉄の営業総距離は、現在608キロメートル、1日あたり平均利用客数は延べ1035万人にそれぞれ達しており、発車間隔は最短2分以内に短縮されている。北京は、南中軸路・安立路・阜石路など利用者が多い区間の路線バスを続々と開通し、公共交通バスの営業総距離は907キロメートルに達している。このほか、北京は、ミニバスの運行台数を抑制し、一部時間帯の通行規制などの管理措置を実施、ミニバスの使用率を引き下げている。市内の自転車による移動率は数年前から着実に高まっており、地下鉄・バスによる移動率も大幅に増加している。

市交通委員会の李先忠・主任は、「北京は2018年に交通総合管理指導チームを立ち上げ、距離別の移動時間をめぐり、移動効率に影響を及ぼす17項目の重要要素を含む216項目の要素について分析を進めた。それらの要素は、以下の通り分類される」とし、以下の3点を挙げた。

1)職場と住居のバランス、自動車保有台数やその使用における利用者側の要素

2)地下鉄の発展や道路網の密度といった供給側の要素

3)道路交通の秩序管理や施工管理など管理をめぐる要素

このように全体的に見ると、北京は「需要のコントロール」、「供給の合理化」、「管理の強化」という三大原則を遵守する必要があると李主任は指摘。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: