中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
「涙を誘うイラスト」が人気に 作者「南京大虐殺の歴史を全ての人の心に」
  ·   2017-12-18
タグ: 南京大虐殺;イラスト;社会
印刷

南京大虐殺犠牲者国家追悼日となった12月13日、微博(ウェイボー)や微信(WeChat)のソーシャル機能「モーメンツ」上にアップされた1枚のイラストに、多くの人が関心を寄せた。このイラストに登場するのは、1937年当時の少女と2017年の少女で、2人は互いに腕を伸ばして相手を捕まえようとしている。1937年の少女は全身埃まみれで、服もところどころ破れ、両足とも裸足で、銃の発砲による煙と戦争による混乱状態の中にいる。一方、2017年の少女は、暖かそうな綿入れコートを身に着け、現代的な高層ビルと清潔な街並みが背景になっている。2人の間には、「その年はどこもかしこも乱世だったが、あなたたちの来世が素晴らしい人生に満ち溢れるよう願っています」という言葉が書かれている。北京青年報が伝えた。

2人の少女が時間を隔てて相対しているこのイラストのほかに、同じテーマの1枚のイラストも、ネットユーザーによって大量に転送されている。そのイラストには、左右に2人の少年がいて、時代背景はやはり1937年と2017年。1937年の少年は軍服姿で銃を構えており、2017年の少年は綿入れコート姿でスマホを手にしている。2人の4つの目は、真ん中の部分に書かれた、「もし僕たちが出会える日が来るとしたら、僕は君に、『美しい山河はまだ残っており、国家は安泰で国民は平穏だ』ということを教えたい」という言葉に向けられている。

あるネットユーザーは、「イラストという形で過去の歴史と現在を同一の時空間に置くことで、人々は深い感慨を覚えた。周囲の多くの友人は、南京大虐殺を記念する一つの方法として、この2枚のイラストを転送した。」と話した。

〇 作者:「言葉は、投稿数分前にようやく決まった」 

この2枚のイラストを創作したのは、朱彦さんと彼のチームだ。朱さんは、次のように話した。

「ネット上には、追悼日を記念するためのさまざまな方法があるが、私は、1つの小さな事柄を切り口とした方法を生み出したかった。そこで、犠牲者の中のあるグループにターゲットを絞った。イラストのアイディアを出す段階で、私と2人のチームメンバーは、数十種類の案を準備した。最終的に、違う時代に生きた2人の同年齢の少女を主役にすることに決まった。戦争中の少女は、戦火に逃げ惑う中で靴を落とし、服はボロボロのもの。一方、現代の少女は、暖かい綿入れコートを着ている。2人を対比させることで、今を生きる人は、戦争中の事情をイメージする助けにはなるが、同時に無力感も抱かざるを得ない」。

イラストの中で、2人の少女の背景は全く異なる。朱さんは以下のように話を続けた。

12次のページへ
「涙を誘うイラスト」が人気に 作者「南京大虐殺の歴史を全ての人の心に」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: