中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国の気候ガバナンス、外国メディアから賞賛
  ·   2017-11-21
タグ: 気候変動;環境保護;社会
印刷
 国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が11月6日から17日にかけて開かれ、「パリ協定」の実施に関する詳細内容について検討を進めている。「パリ協定」は今世紀末までに化石燃料時代に終焉を告げ、風力や太陽光エネルギーなどのクリーンエネルギーへの転換を求めている。なかでも中国のリーダーシップには世界中が注目している。
 ▽気候政策のリーダー

ドイツの「ノイエス・ドイチュランド」紙は中国が今まさにエネルギーシステムを改造していると報じている。2017年だけで、中国の再生可能エネルギーの拡大は記録を再度更新しようとしており、1月から9月末までの間に、中国はすでに42GWの太陽光電池を取り付けたため、2017年の中国における再生可能エネルギーの規模はドイツ全体の規模に達した上、そのほかの現代エネルギー規模も拡大を続けているとした。

このほかに、中国は2030年までにクリーンエネルギーの割合を20%に高めることを目標としている。

また、中国が現在準備中の炭素排出権取引メカニズムも外国メディアが注目する焦点となっている。イギリス「フィナンシャル・タイムズ」紙は、中国はその全国範囲における炭素排出権の取引メカニズムの準備作業をほぼ完成し、その規模はEUのそれを超え、最大規模の炭素排出権取引市場となる見込みだと報道した。また、ドイツの「ノイエス・ドイチュランド」紙は、炭素排出取引を導入することは、世界エネルギー政策の転換点だと評価した。

スペインメディアは、中国はすでに気候変動に対応する世界的リーダーとモデルになっていると報道している。「BP世界エネルギー統計2017」によると、クリーンエネルギーの発展においては中国はすでに世界の先頭に立っており、クリーンエネルギーの主な生産国である米国を超え、再生可能エネルギー市場の40%のシェアを占めているという。また、中国は太陽光や風力による発電電力をそれぞれ世界の66%と50%を生産しているため、クリーンエネルギー生産におけるリーダーとなったといっても差し支えない。

123次のページへ
中国の気候ガバナンス、外国メディアから賞賛--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: