中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国メディア関係者健康報告2017、心臓や心理的な健康状況に問題あり
  ·   2017-11-09
タグ: メディア;健康;社会
印刷

中国の記者節である11月8日を迎えるにあたり、北京市で中国業界報協会と中国保健協会ブランド戦略分会、瑞華心康(北京)医院管理有限公司は合同で「中国メディア関係者『双心(心臓・心理)』健康報告2017」発表会を行った。中国新聞網が伝えた。

同会合で発表された、中国初の「中国メディア関係者『双心』健康報告2017」(以下、「報告」)によると、メディア関係者の70.3%が心血管関連の疾患潜在リスクが「増加」または「高い」、「非常に高い」となっているほか、中年のメディア関係者の心理的な問題も軽視できないとした。

同報告はメディア関係者の心臓検査報告269件や心理アセスメント結果、ウェブサイトやクライアントから収集したメディア双心調査アンケート結果138件のデータを元にまとめられた。

「報告」は、メディア関係者の70.3%が心血管関連疾患のリスクが「増加」または「高い」、「非常に高い」としており、心血管関連疾患のリスクが高くなっている。

メディア関係者の仕事は特殊で、長期間にわたり、机に向かい原稿を書き続けるという状態にあるほか、いつ発生するかわからない突発的な事件にも神経を尖らせる必要がある。テンポの早い生活リズム、短い睡眠時間、食事の不規則さ、常に緊張感の中で生活することがメディア関係者の心臓の負担となり、心血管関連疾患のリスクを高めている。同時に、極度の疲労や睡眠不足、大きなストレスもメディア関係者に焦りと、緊張をもたらし、心理的な問題を引き起こす原因となっている。

12次のページへ
中国メディア関係者健康報告2017、心臓や心理的な健康状況に問題あり--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: