中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
24歳の若者、写真8万枚で重慶をPR、ポストカード700セットを販売
  ·   2017-10-09
タグ: 重慶;写真;社会
印刷

24歳になる趙爽さんは、重慶の古い建築物の熱心なファンで、古き良き時代の重慶を偲ばせる写真をこれまでに8万枚撮影し、その一部でポストカードを製作した。彼は、「写真で故郷・重慶を記録し、それをポストカードにすることで、遠方から重慶にはるばるやって来る観光客に重慶の美しさをアピールしたい」と話している。重慶晨報が伝えた。

国泰美術館と洪崖洞の十字路が、趙さんの「根拠地」だ。彼は、新年や祝日を迎えるたびに、自分で撮影し、製作した重慶のポストカードをここに持ってきて、道行く人や観光客にポストカードで重慶をPRする。

ほとんどの場合、趙さんはポストカードを販売することより、ポストカードを選んでいる客に、ポストカードに印刷されている風景の背後にあるストーリーを生き生きと説明することに熱を入れている。

10月6日、趙さんは近くのホテルで働くSharon Fraserさんと彼女の外国人の友人5、6人という特別なお客を迎えた。彼らは、「彼が作ったポストカードは最高」と趙さんを称賛し、彼がこれほど多くの重慶の美しい風景を記録してくれたことに対して感謝の意を示した。

「今年の国慶節(建国記念日、10月1日)期間中には約700セット(20枚1セット)のポストカードを製作した」と自分の「業績」について話し出した趙さんは、「自分にとって最大の収穫は、このような方法で重慶にまつわるストーリーをより多くの人に話すことで、それを聞いた人々が重慶の美しい風景をより多くの場所に郵送してもらえることだ」と語った。

趙さんは、2011年度に重慶工商大学マーケティング科に入学、大学2年生の時から重慶の古い建築物に魅せられ、時間があれば街を歩き回り、記憶にある懐かしい場所を探している。卒業して2年が経った今、彼は、重慶に関するクリエイティブプロジェクトに従事している。今後、文化・観光関連の雑誌を出版することを計画しており、さらには、自分が長い間、尋ね歩いてきた古い建築物に関する書籍を来年下半期に出版する予定だという。(編集KM)

「人民網日本語版」2017年10月9日

24歳の若者、写真8万枚で重慶をPR、ポストカード700セットを販売--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: