中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
慈善法施行1周年 公開募金資格取得団体が500以上に
  ·   2017-09-08
タグ: 中国;慈善法;社会
印刷

2016年9月1日に慈善法が正式施行されてからすでに1年が過ぎた。関連データによると、2017年9月5日12時の時点で、登録済慈善団体の数は2142にのぼり、そのうち公開募金資格を持つ団体は520ある。登録済の公益信託は38件で、信託規模は8億6000万元弱だ。 

慈善事業に見られる5つの新たな特徴 

慈善法の施行により、中国慈善事業の発展に新しい活力がもたらされ、以下のような5つの新たな特徴が見られるようになった。 

(1)慈善団体の募金能力が明らかに向上。2017年第2四半期の時点で、全国の社会団体の数は72万5000に達し、そのうち多くの団体は慈善分野で活動を行っている。同時に、ここ数年で慈善団体が社会から募金を集める能力が明らかに向上しており、集めた募金は2006年の100億元弱から最近5年の毎年500億元強まで増えた。 

(2)慈善活動の形式がより多様に。「インターネット+」のおかげで、ネットユーザーが慈善活動に参加する意欲が高まっている。おおまかな統計データによると、慈善法が施行されて以来1年で、延べ10億人余りのネットユーザーがネットを通じて寄付を行った。また、中国の慈善団体は「一帯一路」(「シルクロード経済ベルト」と「21世紀海のシルクロード」)沿線の発展途上国への援助も行うようになっており、ミャンマー、パキスタンなどで行った援助プロジェクトは国際的に高く評価されている。 

(3)公益信託がスタート。民政部、銀監会(中国銀行業監督管理委員会)は関連政策を打ち出し、公益信託の設定と登録、財産の管理と処分、監督管理、情報公開、法律責任などを規範化し、基本的な公益信託規制体系を構築している。 

12次のページへ
慈善法施行1周年 公開募金資格取得団体が500以上に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: