中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
400年の時を経て生まれ変わる「湘峪古堡」
  ·   2017-08-09
タグ: 山西省;湘峪古堡;社会
印刷

3年前、約400年の歴史を誇る明代の「湘峪古堡」には人影がなく閑散とし、建物はひどく傷んでいた。しかし現在では、全く別の形で生まれ変わっている。 

「湘峪古堡」は山西省晋城市沁水県に位置する。中が空洞になっている城壁、青々とした堀の水、中国と西洋の建築様式が混ざり合った民家、建物の構造が全国でも珍しい「双挿花院」が「湘峪古堡」の神秘的な雰囲気を作り出している。(写真は全て新華社の曹陽記者が撮影) 

「湘峪古堡」の城壁

12345次のページへ
400年の時を経て生まれ変わる「湘峪古堡」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: