中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
中国、SNSで「自家製料理」売買がブーム 安全性に課題
  ·   2017-05-05
タグ: 料理;インターネット;社会
印刷

「楊おばさん特製の豚足料理」、「劉さん特製のチリソース」、「馬さんの手作りデザート」……。現在、このようにインターネットを通じて食品販売が行われており、多くの人の消費スタイルを変えている。便利、お得、豊富なバラエティ、シェアがその特色で、インターネットを通じた食品売買のメリットとなっている。しかし、その一方で、その食品生産に対するハードルが低く、監督・管理が行き届いておらず、安全性に問題があり、消費者の権利保護が難しいなどの課題も山積みだ。太原晩報が報じた。

微店で自家製料理販売が大人気 

現在、中国では微信(Wechat)のモーメンツで、フルーツや地養卵、さらに自家製の料理などの画像をアップして宣伝し、販売するというのがブームになっている。家や会社で携帯片手に微信のモーメンツを見れば、中国料理でも西洋式デザートでも、欲しいものをタッチして注文するだけで家まで届けてもらえる。

山西省太原市に住む女性・喬さんは、微信で食品を頻繁に注文しており、「1時間前に注文しておけば、大体仕事が終わる時間に届けてもらえる。以前のように電話で注文するよりとても便利」と話す。喬さんのスマホを見せてもらうと、デリバリー専用のファイルがあり、中には特製豚足料理、鶏のごまだれ和え、アヒルの四川辛子ソース和え、肉の醤油煮込み、手作り月餅、フルーツ・ケーキなどを販売するネットショップのショートカットアイコン10数種類が入っていた。「これらは私が厳選したショップで、とてもおいしい食べ物や料理ばかり。ショップの評価もとても高い」と喬さん。

筆者がスマホアプリを使って微信のショッピングサイト・微店で検索してみると、窩窩頭(トウモロコシ粉の蒸し饅頭)、シュウマイ、ミートソース、漬物、ザリガニ料理など、バラエティに富んでいた。そして、これらの「自家製料理」には、「おいしい」という評価が数多く寄せられているほか、値段も実店舗よりかなり安い。

12次のページへ
中国、SNSで「自家製料理」売買がブーム 安全性に課題--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: