中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
「カプセ」の香りでチベット暦新年を迎える
  ·   2017-02-28
タグ: チベット;新年;フォトギャラリー
印刷
 チベット暦の新年が迫り、ラサ市内のあちこちで「カプセ」の芳しい香りがふんわりと漂っていた。「カプセ」とはチベット暦の新年には欠かせない食べ物で、小麦粉、酥油(牛・羊の乳を煮沸して作ったバター)、塩などを捏ねて作った生地を伸ばして切り、様々な形に成形した後に油で揚げて作るお菓子だ。また、砂糖、スキムミルク、天然着色料などを加えた種類もあるようだ。(写真は全て新華社の劉東君記者が撮影)

ラサ市内にある「龍増卡賽店」で「カプセ」を作る店員たち。

12345次のページへ
「カプセ」の香りでチベット暦新年を迎える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: