中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
デリバリーのビッグデータから見る「食いしん坊」の「辛酸苦楽」
  ·   2016-12-30
タグ: アプリ;携帯端末;社会
印刷

「デリバリー」はいまや、食事時に頻繁に登場するワードとなった、今年、読者はデリバリーを利用しただろうか?ビッグデータを通じて、食いしん坊が最も愛するデリバリーブランド、デリバリーで最も人気がある料理について一緒に見てみよう。新華社が伝えた。

○毎日延べ約710万人が人気デリバリーアプリを使用 

技術プロバイダーが取りまとめたビッグデータによると、今年12月の時点で、毎日平均延べ710万人がデリバリーアプリを利用していた。携帯端末1台あたりのアプリ使用時間は1日平均25.62分、使用頻度は1日平均3.76回だった。データから、この種のアプリは、時間とエネルギーの節約になり、選択対象が幅広いことから、ユーザーは、外出せずに世の中の各種グルメを堪能することができる。「Eleme」、「百度外売」、「美団外売」、「ケンタッキー」、「口碑外売」(順不同)が、2016年度デリバリーアプリ・ダウンロード件数トップ5を占めた。

○デリバリー使用者が最も多いのは北京・上海・広州 

3都市の人気料理は「麺・お粥・餅」 

「百度外売」のデータによると、12月の時点で、デリバリー注文件数トップ10都市は順に、北京、上海、広州、深セン、瀋陽、杭州、蘇州、天津、温州、南京だった。各都市のユーザーが最も好むデリバリー料理は、各種各様だった。北京、広州、南京市民は、「麺・お粥・ピザ」を何よりも好み、上海・蘇州・杭州エリアでは「地元料理」の人気が高く、深セン、瀋陽、天津、温州の4都市では、「軽食(シャオチー)ファストフード」が好まれた。

12次のページへ
デリバリーのビッグデータから見る「食いしん坊」の「辛酸苦楽」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: