中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
要注意!携帯ケースに残る分子から持ち主の衣食住行動パターンを分析
  ·   2016-11-18
タグ: アプリ;携帯;社会
印刷

資料写真

携帯のアプリからだけではなく、携帯のハードウェアからも情報漏えいの恐れがある。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者は、携帯電話に残った化学的痕跡を分析することで、使用者の衣食住や行動パターンなどの情報を得られる事を発見した。新華社が伝えた。

研究者は、39人のボランティアを集め、綿棒で彼らのスマートフォンと手のいくつかの部位を擦り、その後に、サンプル上の分子構成を分析した。分析の結果、一連の食物の分子を発見した。その分子にはカフェイン、みかん、調味料などを含まれていた。また、薬品も発見した。例えば、抗うつ剤や抗真菌薬、目薬などだ。その他に研究者は、持続化合物の痕跡も見つけた。例えば、数ヶ月前に使用した防虫剤や日焼け止めなどだ。14日刊行の米国科学誌「米国科学アカデミー紀要」で発表された論文で、研究者は、「携帯に付着した分子を分析した結果、携帯の持ち主は女性の可能性があると導き出した。高級化粧品を使い、髪を染めており、コーヒーを飲む。ワインよりもビール派で、辛いもの好き。現在うつ病の治療を受けており、日焼け止めと殺虫剤を使っていることから、アウトドア好きということが連想される」と話した。

また、研究者は、「この発見は、迅速な診断や、刑事事件の調査資料として活用できる」と伝えた。研究者たちは今後志願者を増員し、分析対象を携帯から、鍵、財布、ペンなどに広げようとしている。(編集TK)

「人民網日本語版」2016年11月17日

要注意!携帯ケースに残る分子から持ち主の衣食住行動パターンを分析--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: