中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 協力・ウインウイン >> 本文
中国・ミャンマー原油パイプライン、正式に運営開始
  ·   2017-04-18
タグ: 一帯一路;原油輸送;経済
印刷

中国とミャンマーの技術者が一致協力して、最初の原油積卸アームと輸送パイプラインの接続に成功した。写真は、技術者が接続口を検査している様子。

中国・ミャンマー原油パイプラインプロジェクトの進行に伴い、ミャンマーのマデイ島の住民が水道水の利用ができた。写真は水道水給水スポットから取水する島の住民。

「中国・ミャンマー原油パイプライン輸送取り決め」が4月10日、北京市で正式に締結された。同時に、4000mに及ぶベンガル湾岸で、原油14万トンを搭載した「スエズ」型タンカー1隻がミャンマーの都市チャウピュ近くのマデイ島にある港に停泊。この中国・ミャンマー原油パイプラインの起点では、原油がとうとうと積み卸され、中国とミャンマー両国の友好と「一帯一路」の緊密な協力プロジェクトの正式な運営開始を示した。

マデイ島は、ミャンマー西部の最も近い都市チャウピュから船で約1時間半の場所に位置する。総面積12平方キロメートルの小島は、中国・ミャンマー原油パイプラインプロジェクトで注目を集めた。記者によると、現地では最先端の30万トン級原油埠頭に黄色の原油積卸アーム4基が高々とそびえ立ち、遠方から来た巨大原油タンカーが静かに停泊している。原油積卸アームがゆっくりと下がって原油タンカーとの接続に成功すると、原油14万トンがパイプラインを通じて1基当たり貯蔵量10万トンのタンクに流し込まれた。原油貯蔵タンク12基全てが満タンになると原油輸送が正式に開始され、ベンガル湾から輸送される原油は、中国・ミャンマー原油管パイプラインを通って直接中国に運ばれる。

12次のページへ
中国・ミャンマー原油パイプライン、正式に運営開始--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: