中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
作家・毛丹青「漢字文化のPRには外部の視野も必要」
  ·   2018-03-16
タグ: 毛丹青;漢字文化;中日交流
印刷

文化サロン会場。(画像は主催者が提供) 

今月11日、中国の検索エンジン・搜狗(Sogou)の中国語入力システム・字媒体が開催した文化サロン「SNS、漢字、原宿少年」で、日本で活躍する作家・毛丹青さんが、「漢字文化をPRするためには、内部の視野だけでなく、外部の視野も必要。例えば、漢字が書ける外国人に、漢字をどのように理解しているかについて聞いてみたりするべき」と語った。中国新聞網が報じた。

文化サロン会場。(画像は主催者が提供) 

日本で中国文学のPRを続ける毛さんは、「近年、PRの手段が増えるにつれ、人々はいろんなルートを通して中国を知るようになってきた。しかし、現代中国文学作品の発信は思うように進んでいない。以前は中国について知る手段は限られていたため、文学作品を通して知ろうとする人が多かった。しかし、今はその方法が増えているものの、文学情報はあまり含まれていない」とし、「漢字文化をPRするためには、外部の視野を増やし、漢字が分かる外国人が漢字をどのように理解しているかを観察すべきだ」と指摘した。

文化サロン会場。(画像は主催者が提供) 

また、「多くの日本の若者には漢字に対する知識の基礎があり、漢字を学ぶ能力も高い。日本は幼少期から漢字を学ばせており、いろんなアイテムを使って漢字を教えている。例えば、小学1年では粘土、3年では版画、その後は積み木などを使っている。これらは、中国人が漢字を学ぶ方法とは異なり、体全体を使って学ぶため、子供は楽しく学ぶことができ、中国もこの方法を参考にすべき」との見方を示した。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年3月15日

 
作家・毛丹青「漢字文化のPRには外部の視野も必要」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: