中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
日本の青年約20人が揚州で鑑真の足跡たどる
  ·   2017-09-19
タグ: 日本の青年;鑑真;中日交流
印刷

揚州文化を体験した日本の学生一行

鑑真和上は6度目の渡海で日本にようやく到着することができ、その後、日本の地で仏教を広めた。鑑真のおかげで、日本と揚州には断つことのできない結びつきがある。鑑真を記念し、鑑真の精神を発揚し、中日友好関係を継承するため、日本の学生約20人が15日、教員に率いられて揚州に到着し、鑑真和上の足跡をたどった。3日間の滞在で一行は大明寺、鑑真仏学院、文峰寺、鑑真フェリー埠頭を見学し、鑑真文化を肌で感じた。中国江蘇網が伝えた。

亜細亜大学の範雲涛教授は、「飛行機なら時間の大幅な節約になり、日本から中国まで数時間で来られるが、鑑真の精神を感じたいという思いから、船で中国に来ることを決めた」と感情を高ぶらせながら語り、一行は大阪から「鑑真号」に乗って上海に到着し、続いて揚州まで来たのだという。

3日間の滞在で一行は大明寺、鑑真仏学院、文峰寺、鑑真フェリー埠頭を見学し、鑑真文化を肌で感じた。大明寺では鑑真和上座像に特に感動し、敬慕の念から目に涙を浮かべる学生も。山口大学人文学部1年生の道遠源真結さんによると、船旅と2日間にわたって鑑真和上と関係のある様々な場所を訪れたことで、鑑真和上の当時の苦労を深く感じ、鑑真和上の歩んだ道をたどったことで、心が浄化され、鍛えられる思いがしたという。

12次のページへ
日本の青年約20人が揚州で鑑真の足跡たどる--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: