中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
「CES 2020」、注目の科学技術10大新製品
  ·   2020-01-13  ·  ソース:人民網
タグ: 科学技術;メーカー;経済
印刷

各方面の注目を集める世界最大の科学技術見本市「CES 2020」がこのほど米国ネバダ州ラスベガスで開幕し、世界の科学技術企業4千社以上が最新の製品をひっさげて出展した。これを受けて英国紙「デイリー・テレグラフ」はこのほど、最新で最も興味を引く科学技術10大新製品を紹介する記事を発表した。新華網が伝えた。

(1)バーチャル車用サンバイザー

ドイツの有名自動車部品メーカー・ボッシュはバーチャルサンバイザーを発表した。日差しを遮りながら、視界を遮ることはない。透明な蛍光物質のスクリーンがドライバーの前方に現れ、顔認証技術を利用して目の位置を特定し、ドライバーの目元に影を投影して日差しを遮る。

ボッシュの説明によると、現在、サンバイザーは自動車メーカーに最も重視されていない車内アクセサリーだが、強い日差しのせいで英国では毎年50件あまりの交通事故が起き、100人以上の重傷者または死者が出ている。このバーチャルサンバイザーは既存の車用サンバイザーに代わることを目指すものだが、実際に生産が始めるまであと数年はかかるという。

(2)スマート盗難防止ポスト

ネットショッピングの大流行とともに、配達された商品が盗まれる事件もしばしば起きるようになった。米国の一部の都市では、警察がおとり捜査を行い、アマゾンのパッケージのニセモノを使って、宅配便専門の窃盗犯をつかまえることまでしているという。

こうした窃盗行為を踏まえて、カナダのダンビー社はスマート盗難防止ポストを開発した。宅配便が来れば、ふたを開けるには暗証番号か携帯電話のソフトウェアが必要で、配達員と顧客が電話で話すこともできる。こうした機能を利用するにはWiFi環境とバッテリーが必要だ。

この製品は今年11月に米国で発売された後、英国市場でも発売される予定。価格は約399ドル(1ドルは約109.6円)。

(3)トイレットペーパーお届けロボット

トイレに入って紙がないことに気づき、困り果てるという緊急事態に陥った時、ロボットがトイレットペーパーを届けてくれたらどうだろうか。2020CESでは、トイレットペーカーメーカーのチャーミンが「ロールボット」という名前の車輪が2つついたロボット製品を出展した。トイレットペーパーを届けることに特化したロボットだという。掃除ロボットと同じブルートゥース技術を採用し、持ち主がスマートフォンのソフトを操作するとトイレットペーパーを届けてくれる、チャーミンはまだ発売時期を明らかにしていない。

バス・トイレ空間の科学技術は今年のCESの注目点の1つだ。米有名バス・トイレメーカーのコーラーはアマゾンの人工知能(AI)アシスタント・アレクサと協力して、シャワーヘッドスピーカーを発表した。フランスのマテオ社は使用者の体重を継続的にチェックできるスマート浴室用マットを発表した。

(4)ペット犬のバーチャルハウス

価格1495ドルのGPS機能付き犬の首輪は、ペット犬が今どこにいるかを教えてくれるバーチャルハウスの役割を果たす。犬がどこに逃げても、GPSから携帯電話に情報が伝わり、それを見つけることができる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: