中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
科学技術により、旅行がさらにスムーズで楽しいものに
  ·   2020-01-07  ·  ソース:人民網
タグ: 科学技術;旅行;文化
印刷
烏鎮景勝地内の衣料品店で、観光客が「AR試着鏡」を使い試着を行った。(撮影・新華社記者 徐昱)

時は2020年を迎えた。AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、AI(人工知能)、5Gなどのデジタル化された応用場面はすでに、多くの観光地、ホテル、旅行会社などの旅行分野で普及し、応用されており、観光客に個性的、多元的、質の高いサービスを提供している。科学技術はすでに観光発展の新たな原動力になり、観光の未来を構築しようとしている。人民日報海外版が伝えた。

◆科学技術で旅行がよりスムーズなものに

スマホを持てば、気軽に移動できる。目的地の選択、攻略情報、ビザ申請、航空券・ホテル・入場券の予約、ガイドの検索から、自動車や船舶のレンタル、保険の加入、電話カード・ネットワークカードの購入、写真撮影、ショッピングの決済などをワンキーで処理できる。日進月歩の発展を遂げる科学技術によって、観光がこれほど簡単なものになった。

海外旅行は近年、持続的に成長している。毎年世界各地を訪れている1億人以上の中国人観光客にとって、特にフリープランの場合では、言葉の意思疎通が最大の問題になる。さまざまな翻訳ソフトと翻訳機は同時通訳、撮影識別、多言語翻訳などの高い機能を提供しており、異国の旅がますます簡単なものになっている。

中国人観光客は国内のライフスタイルを世界に持ち込んでおり、海外旅行中のモバイル決済がますます普及している。支付宝(アリペイ)によると、中国人観光客はすでに世界56カ国・地域で支付宝を使用している。世界36カ国の96空港と港が、支付宝による税還付をサポートしている。支付宝はこのほど正式に海外配車サービスをリリースした。すでに英国、米国、豪州、UAE、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムなど13カ国で利用され、多くの中国人観光客の配車の需要を満たしている。

◆科学技術で旅行がより楽しいものに

観光客の旅行への需要は、見るものが美しい以外に、楽しく感じる必要があり、インタラクティブ性が最も望ましい。このほど開幕した「大盛敦煌芸術大展」は敦煌石窟を北京に「移動させた」。リアルな壁画の復刻、カラー・3次元による芸術の再現、層別の壁画の立体的な表示、VR敦煌洞窟及びホログラムダンス、敦煌復刻楽器展などの展示により、現代の科学技術と文化・芸術を深く融合させ、来場者に実感でき、視聴可能な、触れることのできる鑑賞体験をもたらした。

深セン歓楽谷と中国電信が協力し、「中国初の5G+体験楽園」を建設する。観光客は将来的に深セン歓楽谷で、ホログラム・エンターテインメント製品、園内交通ツール自動運転、スマートサービスロボット、MR(複合現実)体験型ガイド、スマート販売ロボットなどを体験できる。錦繍中華景勝地はハイテク自動運転車を媒介役とし、観光客に真新しい小売サービス体験を提供する。観光客は手を振る、もしくはスマホで呼び出すといった手段により、自動運転車を使用し食品、ドリンク、文化クリエイティブ記念品などの商品を気軽に購入できる。

同程芸竜と馬蜂窩旅遊網がこのほど発表した「新観光消費トレンド報告書2019」によると、AI、AR、VRなどの技術の観光業界における応用は、観光消費に深い影響を及ぼしている。観光客の95%が外出前にこれらの観光コンテンツに目を向けると回答した。これらの新技術は今後数年内に、テーマパーク、博物館、観光地の欠かせないものになると予想する専門家がいる。(編集YF)

「人民網日本語版」2020年1月7日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: