中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
進退窮まったアップルが映す「米国ファースト」の弊害
  ·   2018-10-11
タグ: アップル;貿易戦争;経済
印刷

米アップル社がこのほど発表した最新の製品が貿易戦争の暗い影の中で埋没しかけている一方で、米国の保護貿易主義的政策に対するアップルの不満が注目を集めている。時価総額世界一のIT大手アップルは、供給チェーンのグローバル化を通じて競争力を強化したいが、「関税の剣」による損害を避けるのは難しく、進退が窮まりつつある。「経済日報」が伝えた。

アップルがこのほど発表したところによると、米国が中国からの輸入商品に追加関税を課すと、アップル製品の生産コストと市場での販売価格の上昇は避けられず、最終的にアップルのグローバル競争力に影響する。アップルのこのような問いかけに対するトランプ大統領の回答は非常にストレートで、「米国で生産すればいい。今すぐ新工場を建設したら」というものだった。アップルは今年初め、過去最大規模の資金回流計画を発表し、5年以内に米国で300億ドル(約3兆3918億円)の投資を行い、2万人以上の雇用を生み出すとした。だがトランプ大統領の言うように米国ですべての製品を生産するのは、アップルには出来ない相談だ。

アップルは供給チェーンがグローバル化し、プラットフォーム化した企業の典型で、サプライヤー769社のうち、中国企業が350社を数え、その他は欧州企業、日本企業、韓国企業だ。アップルが高いコストをのんで米国に回帰して生産を行えば、世界中に広がった供給チェーンの各メーカーは「米国ファースト」のために「自己犠牲」を強いられるかもしれず、アップル自身も中国市場を失う巨大なリスクを負うことになる。だがアップルが大統領の要求に従わなければ、頭上に振りかざされた「関税の剣」が経営コストを増大させることは確実だ。たとえば携帯電話なら、関税の重圧で価格が上昇し、競争力が低下し、イノベーションへの投資の負担が増大し、ひいては今後の発展能力に影響することになる。

アップルの進退窮まった様子から、さまざまな問題がみえてくる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: