中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国は世界のシェアリングエコノミーの革新者・牽引役
  ·   2018-03-07
タグ: 中国;シェア;経済
印刷

2018年2月11日午前、浙江省杭州市桐廬県の中心部に、軽量で小回りがきき、ポッテリしたボディで可愛らしいシェア自動車100台がお目見えした。写真は担当者がシェア自動車の利用方法を説明しているところ。(写真は視覚中国より) 

シェア自転車、カーシェアリング、シェア睡眠カプセルなど、シェアリングエコノミー(共有経済)の要素がいつの間にか中国人の日常生活の一部になっている。中国国家情報センターシェアリングエコノミー研究センターが2月27日に発表した「中国シェアリングエコノミー発展年度報告(2018年)」によると、今後5年間、中国のシェアリングエコノミーは30%以上の高い成長率を維持する見込みで、中国は世界のシェアリングエコノミーの革新者、牽引役になりつつあるという。

同報告は、「2017年の中国シェアリングエコノミー市場の取引額は4兆9205億元(1元は約16.7円)に達し、前年比47.2%増加した。2017年末現在、ofoや滴滴をはじめとする中国企業60社が世界のユニコーン企業の仲間入りをし、そのうちシェアリングエコノミーと関連がある企業は31社で、中国のユニコーン企業の51.7%を占めることになる。

シェアリングエコノミーの概念は米国で誕生し、あっという間に世界中の国々に拡散し、特に中国で急速に発展した。中国は海外の進んだビジネスモデルを吸収することを基礎に、一転して海外に進出してモデルを拡張し、力強い国際的な影響力を形成した。

もちろん同センターの張新紅チーフ情報師が分析するように、「シェアリングエコノミーの発展はまだ導入段階にあり、発展が早い個別の分野といえども導入段階から成長段階への過渡期にあるにすぎず、成長段階にたどり着くにはまだ一定の距離がある」。

 

中国のシェアリングエコノミーは発展中で、シェア自転車、シェア睡眠カプセル、シェア傘など新業態が次々登場する。宅配便の段ボール箱は高価な上、環境にもやさしくないことに宅配便企業が目をつけ、ここに商機を見いだし、繰り返し使える「シェア宅配段ボール」を開発した。(写真は人民視覚より) 

深セン市からの情報によると、同市はシェア自転車の登録プレート管理モデルを検討中で、市場に出回るネットシェア自転車にプレートの設置と登録を義務づけることを考えているという。こうした動きは管理部門が「本気を出し」て、管理の新たな「着手点」を探すためのものとみなされている。 

(編集KS)

「人民網日本語版」2018年3月6日

 
中国は世界のシェアリングエコノミーの革新者・牽引役--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: