中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
聯通とアリババ 新小売で提携を検討
  ·   2017-12-18
タグ: 聯通とアリババ;新小売;経済;
印刷

  中国聯通(チャイナユニコム)と阿里巴巴(アリババ)が提携して打ち出した「中国聯通スマートライフ体験店」が、今月15日に上海で開店した。店に入ると拡張現実(AR)技術を利用したショッピング、クラウドシェルフ、スマートスピーカーの天猫精霊などを含む新小売分野の最新技術の製品を体験することができる。「北京晨報」が伝えた。

同体験店はアリババの「小売プラス」と聯通のシステムが合体したもので、「スマート店舗」の製品・技術システムパッケージに基づき、ブランドシステム、営業販売ルート、各場面でのサービスを全面的に再構築し、オフラインのユーザーの動きとオンラインの多角的なデータを結びつけて、オンラインとオフラインで同じ製品、同じ価格、同じ在庫を実現し、ユーザーは選んだ商品を自宅まで郵送してもらうか持ち帰るかを自分で選択することができる。

視覚、聴覚、触覚が一体になった相互連動型のクラウドシェルフは、ユーザーに商品の価格や詳しい説明を全方位的に提示するもので、店に入ると全国の商品を眺めることができ、QRコードをスキャンするだけで買い物ができる。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年12月18日

 
聯通とアリババ 新小売で提携を検討--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: