中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
日本経済成長はのろのろペースの「スロージョギング」
蘇海河  ·   2017-08-18
タグ: 経済成長;日本;経済
印刷

日本の内閣府が先ごろ発表した今年第2四半期の経済速報値によると、日本のGDPは物価変動を除いた実質で前の四半期と比べ1%増加し、このペースが1年間続くと仮定して換算した年換算成長率は4%に達し、6四半期連続でプラス成長となった。同時期に日経QUICKがまとめた民間予測平均は第2四半期が0.6%増、年換算成長率は2.4%だった。この1年輸出が経済成長を牽引したことに加え、個人消費と設備投資の経済成長貢献効果が顕著だった。しかし、この勢いを継続できるかどうかには注目が集まっている。

内閣府のデータによると、個人消費は0.9%増で、6四半期連続でプラス成長し、伸び幅は2014年増税前の四半期の消費水準に達した。消費サイクルでは、2008年の世界金融危機後に日本が実施したエコ家電普及促進政策で販売が刺激されたエアコン、エコカー減税期間に購入した自動車などの耐久消費財が買い替え時期に入り、新型自動車も消費の増加を促進した。設備投資が2.4%増加したのは、一つには世界経済が回復し、輸出増に牽引されて日本の製造業が設備を増やし、生産能力を拡大し始めたからだ。二つ目の要因は、労働人口減少による人手不足に対応するために、製造業が産業用ロボットなど自動化生産設備への投資を始めたことで、特に半導体や自動車などの分野で設備投資の増加が著しかった。公共投資は5.1%増加した。これは主に昨年秋の経済対策など3兆2000億円強の補正予算が投じられたためである。

経済成長を見てみると、6四半期連続のプラス成長は日本の戦後あまり例がない。しかし今回の景気回復のスピードは明らかに1960年代の高度成長期や、1980年代のバブル経済期に及ばない。日本の実質経済成長力を示す潜在成長率も1%しかない。これまでは3~4四半期プラス成長が続くと調整期が入っていたが、今は低成長期であるため調整期もそれに応じて長くなっている。日本の現在の経済成長状態はのろのろペースの「スロージョギング」と形容するほうが適していると思われる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: