中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
「のんびり就職族」になる大学卒業生  就職逃避の「ニート」?
  ·   2016-09-08
タグ: 大学卒業生;就職逃避;経済
印刷

 大学では新入生が入学する一方で、卒業生は学校を離れ、ほとんどが就職先を見つけて仕事に就く。しかし、一部の卒業生は焦って仕事を探すわけでもなく、進学して学業を続けるわけでもなく、一時的に旅行や教育支援活動、両親と一緒に過ごす、起業計画を練るなどして、自宅で将来について考えるだけの人々もいる。国家公務員や安定した収入、早期就職などの従来の傾向に比べて、彼らの多くが自分のやりたいことを第一に考えるようになっている。彼らは、転職すると多くの弊害が生まれるので、それよりは自分のやりたいことを最初に就く仕事にしたいと思っているのだ。このような考えを持つ人たちは「のんびり就職族」と呼ばれている。四川在線が伝えた。

「のんびり就職」とは? 

「のんびり就職」とは、大学生が卒業後にすぐに就職したり、能力をつけるために進学することもなく、遊学、教育支援、両親と一緒に過ごす、起業計画を練るなどして、のんびりとこれからの人生について考えて過ごすような現象だ。

今では、従来の「卒業後すぐに就職」というスタイルから離れ、「のんびり就職族」になる90後(1990年代生まれ)の若者がどんどん増加している。

なぜ「のんびり就職」を選ぶのか? 

2015年6月、中国社会科学院が開催する討論会で某研究所が発表した「2015年中国大学生職業報告」によると、2014年度卒業の大学生の卒業後半年間における就職率は92.1%。進学を考えている卒業生以外の多くが「のんびり就職」を選んでいるという。

同報告によると、卒業生が「のんびり就職」を選択する理由として一番多かったのが「満足できる仕事が見つからない」というもので、アンケート回答者の57.7%に上った。二番目に多かったのが、「自分の能力向上のための目標を探そうと頭では思っているが、それが見つかる前に就職して拘束されたくない」で、三番目に多かったのが「起業の準備中」というものだった。「大学院を受験する」、「フリーターになりたい」などの理由も上位にランクインした。

12345次のページへ
「のんびり就職族」になる大学卒業生  就職逃避の「ニート」?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: