中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
スマート図書館、読書に興を添える
  ·   2020-08-24  ·  ソース:人民網
タグ: 読書;スマート;文化
印刷
市民が湖南省長沙市の侯家塘地下鉄駅の「24時間セルフ図書館」で本を借りる様子。

読者が図書館のパノラマ展示ホールに入り、3面の超高画質巨大ディスプレイに囲まれたパノラマ空間に立つと、紙の漫画が瞬時にしてパノラマ動画になることを体感する。図書館の代表的な蔵書や図書をオンラインで見ることができる。5Gが図書館にもたらすこうした想像力が、間もなく現実になろうとしている。国家図書館、中国図書輸出入(集団)総公司、華為(ファーウェイ)がこのほど北京市で戦略的協力協定に署名した。5G、パノラマ動画、ホログラフィーなどの新技術に基づく没入型の読書体験を共同で構築し、国家図書館5G新読書体験センターが年内に完成する。人民日報海外版が伝えた。

中国各地の図書館も次々と画期的な技術を利用し、読者に手軽で生き生きとした興味深い読書体験をもたらしている。読者が顔認証出入無感覚借覧ルートを通ると、システムはその読者が持っている本を同時にスキャンし借覧操作を自動的に完了し、借覧のゼロストップを実現する。ある男児がVRゴーグルを着用し、「成語論箭」と呼ばれる体感ゲームを体験していた。前方のディスプレイの成語は1字欠けており、「箭(矢)」を使い十数張の赤い提灯の中から正解のほうを射る必要がある。カラオケに似ている朗読ルームで、数人の保護者と子供がディスプレイの詩を朗読していた。これは読み終わった後に保存しSNSに投稿できる。江西省図書館新館で、無感覚顔認証借覧、VR体感ゲームなどの技術が人々を魅了した。

毎晩閉館になってから、ロボットが自動的に本の点検をし、暗闇の中でも正常に作動する。1時間で2万冊の点検が可能で、終了後に図書館の職員に点検データ報告書を送る。この「図客」と呼ばれるスマート図書点検ロボットは現在、中新天津生態図書公文書館で使用されている。この世界初のスマート図書点検ロボットは南京大学が開発したもので、手作業の点検は時間と手間がかかるという図書館の泣き所を解消する。「図客」はモノのインターネット、ビッグデータ処理、人工知能(AI)などのハイテクを融合し、正確な全自動図書点検を実現する。現在すでに武漢大学、同済大学、華東師範大学など複数の大学の図書館で使用されている。

重慶市九竜坡区で初の全スマート化24時間セルフ図書館がこのほど正式に開放された。同図書館は顔認証、読者行動分析などのスマート化システムを導入し、24時間無人サービスと全スマート化リモート管理を実現した。館内の空調や照明などの施設・設備の稼働状態は、スマートシステムでリモート設定・調整できる。セルフ貸出・返却装置には登録、貸出、返却、問い合わせ、読書、紙・電子書籍一体化管理などの各種サービス機能があり、説明に従うだけで独立で実行できる。同図書館のスマート表示システムは来館者数と図書の貸出ランキングを表示できる。さらに読者が好む図書の種類を分類・分析し、同種類の図書をより多く提供することが可能だ。(編集YF)

「人民網日本語版」2020年8月21日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: