中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国で書店が人気の「撮影スポット」に 目的は読書よりも撮影?
  ·   2019-04-24  ·  ソース:人民網
タグ: 読書;撮影;文化
印刷

斬新でオシャレな内装が施され、本の陳列も工夫がこらされ、本を読みながらコーヒーやドリンクを飲むことも可能。そんな、文化サロンのようなスペースを提供する見た目も美しい書店が今、中国のネットで大きな人気を集めている。中国新聞網が報じた。

これまで書店に行くのは「本を買うため」や「本を読むため」のどちらかで、その目的は非常に明確だった。しかし、ネットで人気を集めている書店に行く人の主な目的は、「本」ではなく、「写真撮影」。映りの良い角度を探し、ポーズを決めて、シャッターを押し、お気に入りの写真を撮影することができれば目的達成だ。

書店が装いをますます美しく新たにしていくにつれて、人々がそこに行く目的も、「本」ではなくなってしまったのだろうか?

ある統計によると、2002年から2012年の10年間、特に2011年以降、中国では書店の倒産が相次いだ。また、倒産にまでは追い込まれなかったものの、店舗の賃料高騰やネット通販の普及などが原因で、移転を余儀なくされた実店舗の書店も少なくない。

インターネットが普及し、読書スタイルも断片化が進み、以前のように書店に行って本を買ったり、本を読んだりする人が減少の一途をたどっている。しかし、その一方で、「実店舗の書店を守るべきだ」と声を上げる人も増加している。

しかし、一部の書店は店内の内装が少し奇抜過ぎるだけでなく、各種講座や文化イベントを開催したり、コーヒーやファーストフードを販売したりと、以前の書店とその様相が全然違うと感じている人もいるにちがいない。人々の書店に行く目的として「写真撮影」が新たに加わったと言っても過言ではない。

ネットで人気の書店が人気の「撮影スポット」に 

北京の前門大街にある書店・Page Oneには、天井まで高さ50メートルもある本棚があり、星空を見上げるかのような天井が、ネット上で話題をさらった。そして、それを一目見ようと、多くの人がそこに押し寄せ、ネットで人気の書店となった。

現在、こうした見た目に優れているネットで人気の書店は中国各地に登場している。ただ、そこを訪れる多くの人の主な目的が「本を読む」ではなく、「写真撮影」。そして映りの良い角度を探し、ポーズを決めて、シャッターを押し、お気に入りの写真を撮影することさえできれば目的達成という、やや残念な状況が見られる。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: