中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
南極永久空港、中国が初建設へ
  ·   2018-10-29
タグ: 南極;科学観測;文化
印刷

中国第35回南極科学観測隊が来月2日、極地観測船「雪竜号」に乗り南極に向かうことが28日、関係機関への取材で分かった。今回の観測の重要任務の一つとして、南極「中山基地」から28キロ離れた氷床に、中国初の南極永久空港を建設することだ。科技日報が伝えた。

業界関係者は、その難易度は観測基地の建設を下回らないと判断した。

まずは位置が特殊で、候補地は氷床に位置する。氷床は南極大陸にかぶさる「布団」のようなものだが、それは動いている。永久空港を建設するためには、まず氷床運動が比較的均一で、運動の幅が小さい場所を選ばなければならない。この問題を解消するため、中国は一年前から候補地で、一年間に渡る氷床流動観測を行った。

次に、氷床を覆う厚さ数十メートルの柔らかい雪の上では、離着陸を行うことができないため、この雪を「改造」する必要がある。改造の大まかな流れはこうだ。まずスコップとスノーブロワーを使い雪を大まかに処理し、それから圧雪車でプレスしてからソリを使い、雪を摩擦力の大きなざらついた表面にする。これを繰り返す難しさは、想像に難くない。

国内の空港と比べると、この建設予定の空港は大規模とは言えない。しかしそのナビゲーション、通信システム、気象保障システムなどをめぐり、厳しい条件が突きつけられる。気象保障問題を解消するため、中国は3年前に候補地に自動気象観測基地を設置し、気象関連情報を蓄積していた。

新空港の建設は、中国初の極地用固定翼機「雪鷹601」が南極の空の母港を持つことを意味する。また中国が南極空港の運行体制を把握し、南極航空ネットワークシステムを構築し、未来の中国大型機及び各種航空機を運用するためサポートすることになる。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年10月29日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: