中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国5ヶ所目の南極科学観測基地の定礎式開かれる
  ·   2018-02-09
タグ: 南極;科学観測;文化
印刷

20日間以上にわたる施工を経て、中国にとって5ヶ所目となるイネクスプレシブル島の南極科学観測基地・ロス海新基地の設置先において7日、正式に基礎の打ち立てを行った。人民日報海外版が伝えた。

中国第34回南極科学観測隊は現地時間7日午後、同島でロス海新基地の設置先の定礎式を開いた。ロス海新基地は南極3大湾の一つであり、ロス海沿岸部に位置する。太平洋に面しており、南極の岩石圏・氷圏・生物圏・大気圏などの典型的な自然地理ユニットが集中し、相互作用しているエリアであるため、重要な科学研究の価値を備えている。現在までに米国やニュージーランド、イタリア、ロシアなどが7つの観測基地を建設している。世界最大の海洋保護区もここにある。

中国ロス海新基地は4年後の竣工を予定しており、通年の科学観測の需要を満たすことになる。1985年以降、中国は通年科学観測基地の長城基地と中山基地、夏季科学観測基地の崑崙基地と泰山基地を建設している。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年2月9日

 
 
中国5ヶ所目の南極科学観測基地の定礎式開かれる--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: