中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
海外事業者が中国語を必死に勉強中 支付宝が常用50フレーズを紹介
  ·   2018-08-10
タグ: 中国語;アリペイ;文化
印刷

海外旅行に出かける中国人がますます増加しており、一人でも多くの中国人観光客を呼び込もうと、世界中が「中国語学習」モードに入っている。今月9日、第三者決済サービス・支付宝(アリペイ)は微博(ウェイボー)公式アカウントで、海外事業者のために「走過路過不要錯過(このチャンスを逃さないで)」、「有熱水(お湯あります)」、「来都来了(せっかく来たんだから)」、「能退税(税金払い戻し可能です)」といったサービス業向けの中国語50フレーズを紹介した「藍宝書」をまとめたことを発表した。参考消息網が報じた。

「藍宝書」には、四級、六級、八級の中国語が紹介されており、中国語のフレーズの後ろに英語訳が付けられているほか、中国語にはローマ字表記のピンインもつけられている。そして、事業者と中国人客が基本的な交流ができるような内容が網羅されている。

123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: