中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
スマートライフ博覧会2018、通販のハイテクが登場
  ·   2018-08-02
タグ: スマート;ハイテク;文化
印刷

第2回スマートライフ博覧会が今月17−19日にかけて、杭州国際博覧センターで開催される。今年の博覧会は、どのようなサプライズをもたらすのだろうか。銭江晩報が伝えた。

◆スマートキャビネットが人を認識、保温と冷蔵の機能も 

本博覧会で登場した「菜鳥スマートハイテクチーム」は、ハイテクだらけの高性能宅配サービスを紹介した。

世界トップレベルの「菜鳥無人倉庫」では、500台以上のスマートピッキングロボットが同時に作業しており、極めて効率的だ。小包を迅速にピッキングし、輸送準備を行う。

小包は「菜鳥自動運転車」に積み込まれる。この自動運転車は安全かつ快適で、多くのセンサーを融合し、自動運転安全ナビ技術を採用している。信号と交通標識を見分けるのはお手の物で、さらに、走行ルートをスマートに計画し、最良化されたルートで小包を届ける。

「菜鳥ドローン」によって、小包が空から届けられることもある。菜鳥ドローンは福建省で海を越えた飛行を初めて実施し、さらに陝西省で果物を、浙江省で龍井茶とヤマモモを運んだことがある。

小包を受け取る際は、「菜鳥駅站」スマートキャビネットを使えばいい。これは非常に賢いキャビネットで、人を認識し、高い計算・技術力を持つ。小包と情報の安全を守り、しかも非常に便利だ。スマホを取り出すことなく、顔認証だけで小包を受け取れる。生鮮食品やフードデリバリーを好む人も利用しやすく、保温と冷蔵の機能も備えている。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年8月2日

シェア:
スマートライフ博覧会2018、通販のハイテクが登場--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: