中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
自動運転高速列車を中国が開発中
  ·   2018-03-13
タグ: 中国;高速列車;文化
印刷

江西省上饒市内の合福高速鉄道柏路田特大橋を走行する高速列車(写真提供・中国鉄路総公司公式サイト)

全国両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議)の「委員通路」で3日午後、全国政協委員、中国鉄道科学研究院チーフエンジニアの趙紅衛氏は、「列車の発車や加速、減速、停車までの一連の流れを、ボタン一つ押すだけで完了することができる。2022年冬季五輪向けにスマート京張高速鉄道を開発し、そこを走る高速列車の自動運転機能を実現する」とした。人民日報が伝えた。

趙氏によると、スマート京張高速鉄道の車両は自動運転技術を実現するほか、省エネ・環境保護の新技術及び新材料に力を入れる。開発チームは現在、時速350キロの「復興号」をベースとし、時速250キロと時速160キロの高速列車シリーズ化プラットフォームを開発し、異なる運行環境・地質条件・速度の需要を満たそうとしている。

復興号は2017年に正式に運行開始した。中国は高速鉄道営業速度が世界一の国になった。中国はこの高速列車の完全に独自の知的財産権を持ち、関連技術の研究開発で4000件以上の特許を出願している。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年3月12日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: