中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
最先端新技術が両会報道にひと味違った魅力添える
  ·   2018-03-11
タグ: 技術;人工知能;文化
印刷
来場者と交流する「汪仔」。(撮影:蒋建華)

ロボット、ビッグデータ、VR(仮想現実)、スマート音声認識システムなど、今年の全国両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)のメディア報道合戦ではさまざまな制作・報道技術が次々に登場し、両会にこれまでとはひと味違った魅力を添えた。

人民網の両会報道に登場した人工知能(AI)ロボット「汪仔」は話す、動く、考えることができ、音声認識、自然言語処理、データマイニングなどですぐれたはらたきをする。「汪仔」は人民網の掲示板「強国論壇」の「政府活動報告」を解説した番組で、初めて人民網の両会報道に姿を現し、解説の中継に参加してインタビュー番組の「新人」になった。

山東テレビはAIビッグデータ分析とアニメーションを利用し、親しみやすくかわいいアニメキャラクター「小斉妹」がAI分析を行いニュースを伝えた。河南テレビはAR(拡張現実)技術とカメラドリーロボットなどの新技術を広く採用し、視聴者がニュースにより深く触れられるようにした。貴州テレビは600平方メートルを超えるスタジオでVR、オンラインパッケージなどの技術と記者が取材・制作した報道コンテンツを融合させ、豊富で生き生きとしたテレビの手法を用いて、リアルタイムに、全面的に、掘り下げて両会を伝えた。

12次のページへ
最先端新技術が両会報道にひと味違った魅力添える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: