中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
中国の次世代有人宇宙船、有人月上陸を目指す
  ·   2017-03-09
タグ: 中国;有人宇宙船;文化
印刷

中国航天科技集団第五研究院有人宇宙事業有人宇宙船システムチーフデザイナーの張柏楠氏は7日、記者に対して「海外で開発中の次世代有人宇宙船のうち、NASA(アメリカ航空宇宙局)のオリオンのみが、有人月上陸を実現する能力を備えている。中国の次世代有人宇宙船も、地球低軌道上を飛行し、かつ有人月上陸任務を遂行できなければならない。中国の次世代再利用可能有人宇宙船は開発中で、世界最先端の水準を見据え、世界との同時期の打ち上げを目指す」と話した。科技日報が伝えた。

「長征7号」ロケットが昨年打ち上げに初成功し、「縮小版多用途帰還モジュール」という特殊な乗客を乗せている。これは中国次世代有人宇宙船の初となる試験飛行で、中国次世代多用途宇宙船の帰還モジュールの空気抵抗低減デザインと耐熱構造を検証した。張氏は「整った試験データを入手し、初歩的な評価を完了した」と話した。

張氏は「海外の次世代有人宇宙船の、地球低軌道の定員は最大6人で、月への有人上陸可能人数は3−4人ほどだ。中国の設計上の指標は、これに到達するか上回らなければならない」と指摘した。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年3月8日

 
中国の次世代有人宇宙船、有人月上陸を目指す--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: