中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
梅蘭芳の息子で京劇の有名芸術家梅葆玖氏が死去
  ·   2016-04-27
タグ: 梅葆玖;京劇;文化
印刷

        梅葆玖氏が中央テレビ(CCTV)の1994年度元宵(旧暦1月15日)晚会で出演した。

著名な京劇の芸術家であり京劇の芸術大家でもある梅蘭芳氏の実子である梅葆玖氏が気管支の痙攣により深い昏睡状態に陥り、治療の甲斐なく2016年4月25日午前11時に北京で死去した。享年82歳。新華網が伝えた。

1934年3月29日、京劇の芸術大家である梅蘭芳氏の9番目の子供として上海に生まれた梅葆玖氏は、京劇梅派の継承者であり、北京京劇院梅蘭芳京劇団の団長でもあった。代表作は「覇王別姫」、「貴妃酔酒」、「穆桂英掛師」、「太真外伝」、「洛神」、「西施」などがある。

かつてインタビューに応じた際には、「父が亡くなってから梅劇団がおのずと私の背中にのしかかってきた。これは使命であり、責任でもあると考え、毎年2百作品余りの大作を、自分のリードで演じ、20代のころから現在まで歌い続けてきた」と語っていた。

123次のページへ
梅蘭芳の息子で京劇の有名芸術家梅葆玖氏が死去--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: