中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 中日交流 >> 本文
  • descriptiondescription
梅蘭芳の初訪日100周年を記念しシンポジウム開催
  ·   2019-01-28
タグ: 京劇;梅蘭芳;中日交流
印刷
シンポジウムの会場

中国を代表する京劇の名優梅蘭芳が初めて日本を訪れてから100年となるのを記念し、北京にある中国芸術研究院で26日、学術シンポジウムが開かれた。梅蘭芳記念館の屠珍名誉館長と劉禎館長、国際交流基金北京日本文化センターの高橋耕一郎所長、日本大使館の堤尚久文化広報公使など、中日両国から120人が集まった。

会場入り口の様子

梅蘭芳(1894-1961)は、1919年、1924年、1956年の3度にわたり日本で公演を行ったほか、1930年の米国公演の際にも日本に立ち寄り、演劇界を初めとして各界と交流を深め、今も受け継がれている京劇と歌舞伎の交流など、両国の演劇交流の道を切り開いた象徴的な存在としても知られている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: