中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
ラビア氏が「拘禁された」と主張する親族は今どう暮らしているの?
  ·   2020-01-14  ·  ソース:人民網
タグ: 新疆;少数民族;政治
印刷

ラビア氏の孫娘達。範凌志撮影。

今年23歳の孫娘の祖母ラビア氏への印象はテレビのニュースや年長者の話から得たものだけだ。最初同級生達は彼女が誰か知らず、後になって知ると次々に尋ねてきたのできまりが悪く、誰とも祖母の話はしたくなかったという。「先生は私に特に良くしてくれ、その事が起きたあとはなおさらに私の生活と学習を気にかけてくれ、学業に余り大きな影響はなかった」。彼女は新疆大学経営学部を卒業したばかりだ。

ラビア氏のする事なす事が、外孫に相当の負の影響を与えた。「2009年にあの事(7・5事件を指す)が起きたころ、私は高一で、気が重く、1年休学して自宅で料理や読書をするしかなかった」。最終的に南開大学に合格し、薬理学を学んだ。現在は新疆医科大学大学院で勉強を続けている。「彼女(ラビア氏)はいつも『ウイグル文化は絶滅させられる』と言うが、私たちは祝日を祝う際に伝統衣装を身につけ、ウイグル族の踊りをし、ウイグル族の歌を歌う。現在私たちは知識を学ぶこともできる。学校の提供してくれる様々な有利な条件と補助金は、いずれも国がサポートしているものだ」。

ラビア氏は中国大陸部外でいつも「ウイグル人に自由はない」とデマを飛ばしている。だが彼女らのような若者からすると、自由は難解なものではない。「自由とは、合法であることを前提条件に、何でもしたい事ができ、誰にも制限されないということだ」。このため、彼女らはラビア氏がもうデマを飛ばさず、その静かな生活を妨げないことを望んでいる。(編集NA) 

「人民網日本語版」2020年1月13日

前のページへ12
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: