中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
王毅部長「現代世界の平和・安定にとって最大の脅威は一国主義」
  ·   2019-12-06  ·  ソース:人民網
タグ: 中韓関係;一国主義;政治
印刷

王毅国務委員兼外交部長(外相)は4日、訪問先の韓国で同国の康京和外相と会談した際「中韓は隣国であり、友人でもあり、パートナーでもある。不確定性に満ちた国際情勢を前に、過去百年間なかった大きな情勢変動の中にあって、隣国同士はなおさらに交流を強化し、協力を強化し、互いに理解し合い、支持し合い、共に我々の正当な権益を守り、地域の平和と安定のために建設的役割を果すべきだ」と表明した。中国新聞網が伝えた。

王部長は「中国は常に独立自主の平和外交政策を遂行し、大国も小国も全て平等であると主張し、国際関係の民主化を主張し、大国が小国を、強い国が弱い国を虐げることに反対し、他国への強要と内政干渉に反対している。現在世界の平和と安定が直面している最大の脅威は、一国主義が現行の国際秩序を破壊し、覇権行為が国際関係の準則に挑戦していることだ。中国は韓国を含む責任ある全ての国々と共に、多国間主義の理念を堅持し、公平及び正義の原則を堅守し、実際の行動によって国連中心の国際体制を守り、国際法に基づく国際秩序を守り、世界貿易機関(WTO)を礎とする多国間貿易体制を守りたい」と強調した。(編集NA)

「人民網日本語版」2019年12月5日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: