中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
習近平総書記「独自開発でインターネット強国建設を推進」
  ·   2018-04-23
タグ: インターネット;サイバーセキュリティー;政治
印刷

全国サイバーセキュリティー及び情報化政策会議が20、21両日に北京で開かれた。中央サイバーセキュリティー及び情報化委員会のトップを務める習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が重要談話を発表した。新華社が伝えた。

習総書記は「情報化は中華民族に千載一遇のチャンスをもたらした。われわれは情報化の発展という歴史的チャンスをしっかりと捉え、ネット上でのプラスの宣伝を強化し、サイバーセキュリティーを強化し、情報分野のコア技術のブレークスルーを推し進め、経済・社会の発展に対する情報化の先導作用を発揮し、サイバー・情報分野の軍民融合を強化し、サイバー空間のグローバル・ガバナンスに主導的に参加し、独自開発でインターネット強国建設を推進し、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的完成に最終勝利し、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な勝利を勝ち取り、中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現するために新たな貢献をしなければならない」と指摘。

「世界のインターネットガバナンスシステムの変革推進は大きな流れであり、人心の向かうところだ。世界のインターネットガバナンスは多方面の参加を堅持し、政府、国際組織、インターネット企業、技術集団、民間機関、個人など様々な主体的役割を発揮するべきだ。国連の枠組でのインターネットガバナンスを推進すると同時に、各種非国家主体の積極的な役割もより良く発揮する必要がある。『一帯一路』建設などを契機に、途上国を始めとする沿線国とネットインフラ整備、デジタル経済、サイバーセキュリティー分野の協力を強化し、21世紀のデジタル・シルクロードを建設する必要がある」と強調した。(編集NA)

「人民網日本語版」2018年4月23日

習近平総書記「独自開発でインターネット強国建設を推進」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: