中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
中日国交正常化45周年にあたり安倍氏が正しく認識すべき3つの事
  ·   2017-09-29
タグ: 中日国交正常化45周年;中日関係;政治
印刷

中日国交正常化から29日で45年となる。過去45年に中日関係は重要な発展を遂げた。1972年から2016年までの間に、中日間の貿易額は11億ドルから3016億ドルへと約270倍に増えた。将来を展望すると、中日は多くの分野で協力をさらに推し進めることができる。例えば資源・エネルギー・環境協力、生産効率の向上がもたらす高コスト社会への対応、高齢化社会と人口減少社会への対応などだ。中日関係には広大な発展の余地がある。解放日報が伝えた。

遺憾なことに、こうした積極的な変化が生じている今日において、日本の現首相である安倍氏は相当程度において潮流に逆行する政策を推し進めている。歴史認識で後退し、平和憲法改正を強く主張している。安全保障で中国を仮想敵国とし、軍事力を高め、日米同盟を強化して、アジア太平洋地域で主導権を維持しようとしている。

中日関係の現在の困難を克服し、歴史の潮流に順応した発展を得たいのなら、安倍氏は3つの問題を正しく認識し、うまく処理すべきだ。第1に、歴史認識をどう正すか。第2に、中国の発展をどう受け止めるか。第3に、米国との軍事同盟関係をどう扱うか。

第1の点については、日本の識者がすでに安倍氏に授業をした。村山富市元首相は歴史認識問題における安倍氏の後退を念頭に「日本が韓国と中国に対して行った植民地支配と侵略は否認できない歴史の事実だ」「アジアの人々の信頼を得たいのなら、日本は歴史の清算をしなければならない」と鋭く指摘した。日本で村山元首相のような考えを持つ人は、決して少数ではない。今年8月13日夜、日本の敗戦の日の前夜、NHKテレビは特別番組『731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~』を放送して、日本ファシズムの当時の侵略犯罪行為を力強く暴いた。

第2の点については、中国とアジアの変化の歩みを簡単に振り返ってみれば、正しい答えを難なく得られる。中国は広大な領土と悠久の歴史を持ち、光り輝く文化を創造し、人類文明の進歩に重要な貢献をした。だが近代に立ち後れたことで、自国が悲惨な境地に陥っただけでなく、アジアも長期間の混迷と戦乱に陥った。1949年に中国は新たな生を得、半世紀余りの努力を経て、台頭の道を歩み出した。かつて帝国主義による侵略の苦しみをさんざん受けた中国は、平和共存五原則を堅持し、協力・ウィンウィンを核心とする新型の国際関係の構築を推し進め、アジアさらには世界の平和と発展に重要な貢献を果たしている。中国とアジア各国の互いの努力で、アジアはGDPで世界首位に躍り出た。その50%近くを中国が占める。

12次のページへ
中日国交正常化45周年にあたり安倍氏が正しく認識すべき3つの事--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: