中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
朝鮮半島核問題 中国の立場は是非が明らか
  ·   2017-09-18
タグ: 朝鮮半島;核問題;政治
印刷

中国の崔天凱駐米大使は現地時間15日、朝鮮半島情勢について国内外のメディアのインタビューに応じた。崔大使は「朝鮮半島核問題における中国の立場は是非がはっきりとしており、終始一貫している。中国は朝鮮半島の非核化実現に終始尽力し、一貫して国連安保理決議の全面的で完全な履行に最大限の努力を尽くすとともに、平和的交渉による問題の解決推進に尽力している」と表明した。中国中央テレビ(CCTV)のニュースアプリが伝えた。

崔大使は「中国側に一層の圧力をかけ、さらには双方の経済・貿易関係を妨げる事をすべきだと鼓吹する人がいるが、これは安保理決議の曲解・乱用であり、中米関係全体を損なうものでもある。中米の経済・貿易関係は互恵・ウィンウィンだ」と指摘。

「中国が朝鮮を核保有国と認めることはない。朝鮮半島核問題をしっかりと解決する中国の決意は揺るぎないものだ。核兵器が朝鮮に安全をもたらすことはない。同様の論理は日韓にもあてはまり、核兵器が彼らに安全をもたらすことはなく、地域情勢を悪化させるだけだ。各国が共に問題の厳粛さをはっきりと認識することを希望する」と表明した。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年9月18日

朝鮮半島核問題 中国の立場は是非が明らか--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: