中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
中国はグローバル化の守護者に
  ·   2017-07-10
タグ: G20;グローバル化;政治
印刷

ドイツ・ハンブルクで開催されたG20サミットにはテーマが2つあった。1つは相互に連結された世界の形成、もう1つは気候変動に関する「パリ協定」の支持である。前者の核心は保護貿易主義反対とグローバル化支持、後者の主旨は世界のグリーンで持続可能な発展の支持である。

しかし米国による反グローバル化と「パリ協定」離脱により、今回のG20サミットは「19:1」の様相を呈した。

先般行われたG20財務相・中央銀行総裁会議の声明に保護貿易主義反対が書き込まれなかったのとは異なり、今回のG20サミット声明にはグローバル化の利益共有が盛り込まれた。米国の離脱により、パリ協定には依然として論争が存在する。しかし、中国はサミット期間中、建設的かつ守護者の役割を果たした。中国と参加主要国は2国間会談を行った際(中米首脳会談の貿易重点は2国間のものだった)、グローバル化とパリ協定への支持を堅持した。

習近平主席は重要演説を行い、次のように指摘した。「杭州サミットは『革新的で、活力ある、連動した、包摂的な世界経済の構築』という主要20カ国・地域のプランを打ち出した。『相互に連結された世界の形成』をテーマにしたハンブルク・サミットは、杭州サミットと同じ流れをくんでいる。我々はこの理念を行動に移すべく共に努力するべきである」。習主席の演説は、中国が世界から新型グローバル化を主導する責任を与えられつつあることを示している。

欧州のアナリストたちも、欧州は脱米国を目指すと同時に、中国に秋波を送っていると分析する。実際、今回のG20サミットで、ドイツとフランスが主導するEUは中国や日本、BRICS諸国とともに、保護貿易主義に反対しパリ協定を支持する同盟を作ってトランプ大統領の「米国第一」に反対した。サミット開幕の前日には、EUと日本が経済連携協定(EPA)に大枠合意した。この経済連携協定の交渉は2013年に始まったが、日本は米国との環太平洋経済連携協定(TPP)調印をより重視していた。米国のTPP離脱という状況で大枠合意した日本とEUとの経済連携協定は、明らかに米国を念頭に置いている。

12次のページへ
中国はグローバル化の守護者に--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: