中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
外交部、日本側の動向に高度の警戒を維持
  ·   2017-03-24
タグ: 南中国海;空母;政治
印刷

外交部(外務省)の華春瑩報道官は23日の定例記者会見で「現在、南中国海情勢は安定と好転へと向かっている。もし日本側がまだ波風を巻き起こそうとしても、中国と周辺諸国は認めない」と述べた。

【記者】日本の海上自衛隊最大の空母級ヘリコプター搭載型護衛艦「かが」が22日、正式に就役した。報道によると、日本の防衛政務官はその式典で、護衛艦「かが」によって、アジア地域で日増しに強まる中国の影響力に対応する日本の海外展開能力が強化され、「これが日本の実力だ」とまで述べたとしている。これについてコメントは。

【華報道官】近年、日本側は絶えず、いわゆる「中国の脅威」をでっちあげ、誇張することで、自らの軍備拡張の口実を求め、作っている。歴史的原因から、アジア近隣諸国を始めとする国際社会は日本の軍事動向をかねてより緊密に注視している。われわれには日本側の動向及びその真の意図に対して高度の警戒を保つ理由がある。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年3月24日

 
外交部、日本側の動向に高度の警戒を維持--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: