中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
米韓大規模軍事演習の狙いは何か?
  ·   2017-03-20
タグ: 朝鮮核問題;軍事演習;政治
印刷

韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」が2017年3月13日、正式に開始された。3月24日まで行われる予定。米国は4つの精鋭部隊派遣だけでなく、最先端戦略兵器の増援に関する演習も行う。

今回の米韓軍事演習の規模の大きさは、完全にいつでも戦争を始められる臨戦状態のレベルに達している。軍事演習には経費もかかる。金銭を何よりも重要視するトランプ政権にとって、一度の米韓軍事演習をこれほど大規模かつ大げさに行う必要があるのだろうか?その狙いはいったい何なのか?

まず、朝鮮に対するあからさまな挑発である。朝鮮核問題はもちろん口実だ。知ってのとおり、朝鮮核問題の元凶は米国であり、朝鮮戦争終結後にはすでに原子爆弾による朝鮮爆撃をしようと試み、大量の核兵器を韓国に運び込んでいた。まさにこのような状況にあったからこそ、朝鮮に核保有の意識が生まれたのだ。その後の朝鮮核問題に関する六者会合が紆余曲折したのは、実のところ米国に誠意が欠けていたことが重大なネックになった。今日においても、朝鮮の核実験やミサイル発射試験は全て米国の様々な軍事的威嚇と関連している。今、米国が公然と「もう我慢ならない、交渉を打ち切る」とわめきたて、戦争手段を含む方法で朝鮮核問題を解決しようとしているのは、米国の化けの皮が全てはがれたと言っていいだろう。今回の軍事演習が主権国と他国政権打倒、斬首行動を公然とシミュレーションしていることは、あからさまな挑発かつ他国を激怒させる行為であり、さらにはいざこざを起こす下心があると言える。朝鮮が刺激を受け、感情的なコントロールを失ってなんらかの行動に出れば、米韓軍事演習はその機に乗じて他国を侵す実戦に変わるだろう。従って、本当のところ米国は朝鮮の核兵器を抑制したいのではなく、朝鮮の核を口実にして世界に霸を唱えようとしているのだ。

12次のページへ
米韓大規模軍事演習の狙いは何か?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: