中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
ふわふわカバーに夢中!今年の冬は湯たんぽが再びブームに
  ·   2019-12-10  ·  ソース:人民網
タグ: 冬;保温;社会
印刷

冬になると湯たんぽが絶対手放せないという人は多い。お湯を入れて使う湯たんぽの代わりに、手っ取り早く使える充電式湯たんぽが長きにわたって人気を誇っていたが、今年の冬は、お湯を入れて使う湯たんぽが再びブームとなっている。銭江晩報が伝えた。

浙江省杭州市にある雑貨店の店員をしている龔さんは、「こうした湯たんぽは月曜から金曜までの平日は1日10個前後、週末になると20~30個売れている」と話す。

オンラインでもこれまでは充電式湯たんぽが人気を博していたが、今年の冬は、注水式湯たんぽがそれを凌ぐ勢いで良く売れている。天猫超市の統計データによると、注水式湯たんぽを購入する消費者の75%以上は、「90後」や「95後」という1990年代生まれの若者で、見た目が良く、小型で持ち運びに便利な湯たんぽが特に学生の間で人気のようだ。

カラーも従来のけばけばしいものではなく、お湯を入れると嫌なゴムの匂いがするといったこともない。人気が再燃した今どきの湯たんぽは、素材・見た目・機能面全てにおいてアップグレードしている。高密度PVCとシリカゲルが従来のゴムに取って代わり、肌ざわりや保温性もぐんと高まっている。外観デザインも、小型で持ち運びに便利で、上着のポケットにもきちんと収まるサイズだ。また湯たんぽの多くは冷凍庫での冷凍や電子レンジでの加熱という新たな機能が追加されている。

天猫超市の保温グッズ担当者は、「湯たんぽは、安全性、経済性、長時間温かいといったメリットを備えている。また、最近大ヒットしている新型湯たんぽは、懐かしグッズのリバイバルをけん引している」と紹介した。(編集KM)

「人民網日本語版」2019年12月9日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: