中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
南京で国家追悼式典 市内全域で1分間黙とう
  ·   2018-12-13
タグ: 南京大虐殺;国家追悼日;社会
印刷

12月13日、5回目となる南京大虐殺犠牲者国家追悼日を迎えた。同日午前、国による犠牲者追悼式典が南京で行われた。また、中国国内で初となる国家追悼地方法規「南京市国家公祭保障条例」も同日より施行がスタートした。同条例では、「国家追悼日当日は、市内全域において1分間の黙とうを行う」と定められている。中国新聞網が伝えた。

 2014年2月に開催された第12期全国人民代表大会常務委員会第7回会議において、「毎年12月13日を南京大虐殺犠牲者国家追悼日とする」ことが審議・採択された。

 中国は、国家法という形で追悼日を設けることで、南京大虐殺犠牲者の追悼を国家レベルにまで引き上げた。

また13日は、5回目の南京大虐殺犠牲者国家追悼日であると同時に、南京大虐殺から81年目を迎えることにもなる。

13日午前10時、侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館の集会広場において、国家追悼式典が行われ、10時1分から2分までの1分間、市内全域で黙とうのためのサイレンが鳴らされた。

追悼日当日は南京大虐殺犠牲者国家追悼式典の開催のほか、半旗掲揚式と南京市内複数区における追悼イベント、全国の抗日戦争テーマ館における追悼イベント、海外在住華僑・華人コミュニティにおける追悼イベント、「世界平和法会」の実施、キャンドルイベントの6種類の追悼イベントが行われた。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年12月13日

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: