中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
「LoL」世界大会で中国チームのIGが優勝 SNSで一躍時の人に
  ·   2018-11-07
タグ: eスポーツ;SNS;社会
印刷

ゲーマーでないとしても、3日の夜は、「Invictus Gaming(IG)」という名前をSNSで目にしたことだろう。LoL競技シーン最高峰のイベント、「2018リーグ・オブ・レジェンド・ワールドチャンピオンシップ」の決勝戦が同日、韓国ソウルの仁川文鶴競技場で開催され、中国チーム「IG」が優勝したのだ。ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」が誕生して以降、中国大陸部のチームが同大会で優勝するのは初めてのことだ。

若いゲーマーにとって、同大会は、国の栄誉を背負って各チームが参加するエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)界の最高峰イベントであり、その重要性と影響力は他のどのスポーツ大会にも引けを取らない。「IG」が中国のSNSで大きな話題となり、ゲーマーのeスポーツに対する熱意、ゲームの領域にまで浸透している国家の一員として国のために戦うという意識、主流メディアの好意的な祝福などが、eスポーツに「汚名」を返上する機会を与えている。

中国のeスポーツチームが今回優勝し、eスポーツに対して好意的な見方を持つ人と批判的な見方を持つ人とのはっきりとした違いを見ることができる重要な窓口となったのは興味深い。中国では、「中国全土の大学寮では大学生が大盛り上がりになった一方、寮の管理人のおばさんは目をキョトンとさせる」といった類のニュースや不思議そうな顔で「IGって誰?」と聞く傍観者を目にすることができる。もちろん、「eスポーツは快楽だけを求めたもので、スポーツではない」、「若者は奇異なものに夢中になり、本当に大事なものを見失っている」と批判する声も残っている。eスポーツは正規化の過程で、依然として社会の保守派のネガティブな目に直面し、その世論の二極化は、価値観や社会の風潮の変遷の縮図ともなっている。

eスポーツは長い間、単にゲームをしているだけと見なされ、「デジタル・ヘロイン」という汚名を着せられ、最先端の「スポーツ」と見なされることはなかなかできなかった。しかし、実際には、eスポーツは早くも2003年に、中国国家体育総局の競技項目に盛り込まれた。また、李暁峰(SKY)が05年、フランスで開催された「ワールドサイバーゲームズ」(WCG)で世界チャンピオンになり、eスポーツの世界大会で中国人が初めて表彰台の一番高い所に立った。李暁峰が中国の国旗をはおり、涙を流すシーンは、80後(1980年代生まれ)、90後(90年代生まれ)のゲーマーの間では有名だ。それにより、eスポーツが多くの人の視野に入るようになり、李暁峰は08年の北京五輪の際には聖火ランナーにも選ばれた。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: