中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
端午節連休の国内旅行客数延べ8900万人超で「全域観光」の効果顕著に
  ·   2018-06-20
タグ: 端午節;観光;社会
印刷

中国文化・旅遊部(省)が18日に発表した2018年端午節休暇の観光市場に関する情報によると、今年の端午節(旧暦5月5日、今年は6月18日)連休期間中、国民の旅行ブームはピークとなり、観光旅行市場は引き続き活況となっている。中国観光研究院データセンターの総合推計によると、3日間の端午節連休に国内旅行に出かけた人は延べ8910万人、前年同期比7.9%増加した。また、国内旅行収入は同7.3%増の362億元(約6200億円)に達した。人民日報が報じた。

文化旅行ブームが起こり、民俗をテーマとした旅行に人気が集まった。また旅行消費のアップグレードに伴い、「旅行+文化」、「旅行+スポーツ」といった旅行商品の人気が高まり、福建や広西、河南、四川、澳門(マカオ)の各地でドラゴンボート大会や無形文化遺産によるパフォーマンスが行われ、端午節連休の特徴が際立った。

親子旅行もピークを迎え、ロシアへの旅行人気も高まりを見せた。サマーシーズンが近づいていることから、ビーチリゾート都市が、親子旅行や海水浴・納涼旅行が重要目的地となり、三亜、厦門(アモイ)、北海、青島、大連、日照、珠海、秦皇島、寧波の各都市に大勢の観光客が詰めかけた。また、2018年W杯ロシア大会の開幕をきっかけに、「W杯ツアーブーム」となり、ロシアツアーの人気が急上昇した。

「全域観光」の効果が顕著に見られ、質の高い旅行体験を実現させている。端午節連休ツアー商品およびサービスはその供給が十分で、市場の活力も充足していた。桂林は、全域サービスによる「全域観光」の推進に取り組み、観光案内センターやスマート観光サービスプラットフォームなどによって、観光客の旅行の利便性が目に見えて高まった。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年6月19日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: