中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国、00後も「高考の結果が一生を決める」と考えている?
  ·   2018-06-07
タグ: 高考;教育;社会
印刷

7日、高考(中国大学統一入学試験)が始まった。今年は、「00後」(2000年以降生まれ)が初めて高考を受けるとあって、注目を集めている。さまざまなレッテルを貼られがちな「00後」だが、高考に対してどんな見方を抱いているのだろう?「高考の結果が一生を決める」、高考は「千軍万馬が丸木橋を渡る」ほど競争が熾烈といったような観念を「00後」も抱いているのだろうか?中国新聞網が報じた。

「高考の結果が一生を決める」に対する「00後」の見方は?

多くの中国人はこれまで、高考は非常に重要という観念を抱いてきた。しかし、時代が発展するにつれ、勉強するための「道」も多元化しており、そのような考え方は、「00後」の間では、主流ではなくなっているようだ。留学や芸術大学への進学、独自の入学試験を実施する大学の登場など、「千軍万馬」が1本の「丸木橋」を通る必要はなくなっており、「高考の結果が一生を決める」と考える高校生は減っている。

あるメディアがこのほど、高考を受ける予定の「00後」の高校生約2万人とその保護者、その他のネットユーザーらを対象にアンケート調査を実施したところ、受験を予定する高校生の約半数が、「高考を受けるのは経験を積むためで、『運命』を変えるためではない」との見方を示した。また、「経験を積むため」と回答した保護者の割合はそれより高く、70.7%を占めた。

調査によると、「00後」の4分の1以上は、高考を受けたとしても、試験の結果だけに基づいて大学を選ぶことはせず、他のいろんなルートも試したいとの見方を示した。うち、独自の入学試験を実施している大学の入試を受ける、総合的に評価する、芸術大学を受験するなどの「ルート」が最も多かった。

大学を選ぶ際に重視する要素は?

今の高校生は、進学する大学を選ぶ際、何を重視するのだろう?

今年高考を受けるという河北省・昌黎一中(中高一貫校)の高校3年・王程さんは、「大学を選ぶ時、学校がある場所を重視する。大学に行くというのは、単に授業で勉強するというのではなく、学校がある場所の社会、文化環境もとても重要な勉強材料」と話す。

12次のページへ
シェア:
中国、00後も「高考の結果が一生を決める」と考えている?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: