中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
香港地区の青年8割が「大陸部での就職とキャリアアップ希望」
  ·   2018-06-01
タグ: 就職;香港地区;社会
印刷

香港地区の大学生の間で、大陸部に来てキャリアアップするチャンスを真剣に考える人がますます増えている。香港青年聯会が学生400人以上を対象に行った調査では、回答者の8割が「大陸部での就職とキャリアアップ希望」と答え、「中国の未来の経済発展の見通しを楽観している」とし、「大陸部の仕事のチャンスは香港地区よりも多く、長期にわたり大陸部で働くこともいとわない」という人がほとんどだった。同会は関連機関とともに6月に夏休み実習団ツアーを4回にわたって主催し、香港地区の青年に北京や上海などで実習する機会を提供するという。中国新聞網が香港紙「大公報」の報道を基に伝えた。

4回のツアーとは、香港青年聯会学生交流ネットワークが主催する「新天地を共同で創造」、「新未来を共同で創造」、「新しい視野を共同で創造」と銘打った3つのツアーと、同会が主催する「新世界を共同で創造」をテーマとする1つのツアーだ。このほど発足式が行われ、香港地区の8つの大学の学生250人が夏休みに北京、上海、哈爾濱(ハルビン)、大連の大手企業や政府機関で6週間の実習を行う。

同会が実施した大学生の就職意識に関するアンケート調査では、回答した465人のうち、9割以上が「中国の未来の経済発展の見通しを楽観している」と答え、8割以上が「大陸部での就職とキャリアアップ希望」と答えるとともに、「大陸部にとどまり仕事とキャリアアップに費やす期間が1年以上になって構わない」とし、約75%が「大陸部の仕事のチャンスは香港地区よりも多い」との見方を示した。チャンスの多さが香港地区の学生を大陸部に行ってキャリアアップを図りたいと思わせる一番の理由となっている。

大陸部での実習についてたずねると、8割以上が「大陸部での実習経験を重ねることは自分のスペックを増やし、競争力を高める上でプラスになる」と答えた。また回答者の多くが「ツアーを通じて、大陸部の職場の文化や労働環境を理解したい」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2018年5月31日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: