中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
母の愛は血縁を超える
  ·   2018-05-15
タグ: 児童;養育;社会
印刷

2001年、寧夏児童福利院(養護施設)は寧夏回族自治区銀川市永寧県で里親による児童の養育を展開し始めた。現在永寧県恵豊村では、100人の孤児・障がい児が57軒の家庭で生活しており、過去17年間で328人の児童が102軒の家庭で生活した。 

先天的な疾患を持つ小丁さん(仮名)と小穎さん(仮名)は寧夏児童福利院に預けられ、里親という孤児・障がい児の新たな養育モデルによって、2人は恵豊村の劉淑琴さんの家に引き取られた。 

劉さんは2003年から里親になり、当時3歳だった小丁さんを引き取った。38歳から53歳までの間に、劉さんは10人の里子を育て上げ、15年間で血縁関係のない10人の子供に愛情を注いできた。(写真は全て新華社の盧鷹記者が撮影)

自転車を漕ぐ下の娘・小穎さん(中央)に付き添う劉さん(右)と上の娘・小丁さん(左)

1234次のページへ
シェア:
母の愛は血縁を超える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: