中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
若返り進む江蘇・浙江エリア 新一線都市の「若年化」の優位性明らかに
  ·   2018-05-08
タグ: 職場;新一線都市;社会
印刷

世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」が江蘇省南京で発表した調査報告「都市別マインドの若さ指数」によると、新一線都市の職場における気持ちの若さはいずれも一線都市よりも若く、特に江蘇・浙江エリアの若々しさが際立っていた。中国新聞網が伝えた。

リンクトインでコンテンツ・SNSマーケティングを担当する陳梅氏は、「弊社が発表した最新の調査報告データによると、職場における気持ちの若さが最も若かった都市トップ5は順に、蘇州、深セン、上海、杭州、南京・北京(同位)で、江蘇・浙江エリアの3つの新一線都市がランクインした。このうち、蘇州市民の半数以上は、『自分自身の気持ちは、実際の年齢より若い』と認識しており、全国平均より11ポイント上回っていた」と紹介した。

これだけではない。「老いといかに向き合うか」という問題に対しても、新一線都市の人々は、より泰然自若とした態度を表している。「加齢という事実に対して焦る気持ちがある」とした人は、一線都市では48%だったのに対し、新一線都市では34%にとどまった。これに対し、新一線都市で働く人々は、精神的な衰えよりも肉体的な衰えについてより心配している。だが、肉体的な衰えであれ精神的な衰えであれ、新一線都市の13%以上が、「心配していない」と答えた。一方、一線都市で懸命に働く人々のうち、「衰え」について認めている人はわずか6%だった。

陳梅氏によると、調査研究から、ある1つの都市が「若いか否か」を判断する上で、以下の要素が重要であるという。

〇人材が大量に流入し、かつ、多様化の程度が高い(55%)

〇今後のその都市の発展空間が大きく、キャリア発展のチャンスが多い(54%)

〇都市における文化・娯楽施設や活動内容が充実している(52%)

〇都市生活のリズムが適度で、趣味の活動や社交活動を営むための時間やエネルギーを十分に保つことができる(50%)

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: