中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
深センで新エネ車の路上臨時駐車を初めて実施、最初の1時間は無料
  ·   2018-04-11
タグ: 新エネ車;深セン;社会
印刷

深セン市交通運輸委員会はこのほど、「規定を満たす新エネルギー自動車で、料金徴収時間帯内において、初めて深セン市道路交通管理事務センターが管轄する道路の駐車スペースに駐車する車両は、臨時駐車の最初の1時間は駐車料無料で利用できる」との通告を発表した。中国放送網が伝えた。

今回の駐車優遇措置の対象となる新エネルギー車は、工業情報化部(工信部)自動車製品公告目録にリストアップされている純電気自動車、プラグイン(非プラグインも含む)ハイブリッド車(PHV)および燃料電池車(FCV)で、超小型・小型・中型乗用車および超小型・軽型貨物車であり、同時に深センで登録し固定のナンバープレートを取得している自動車。

駐車スペースで優遇政策の適用を希望する人は、まず、「宜停車」アプリを使用して、正確な新エネ車のナンバーとフレーム番号の下4桁を登録し、実際に駐車する際に、同アプリで正確なナンバープレート情報を入力した上で、指示に従って操作する必要がある。

同政策については、現在すでに意見・提案の公募が行われている。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年4月9日

深センで新エネ車の路上臨時駐車を初めて実施、最初の1時間は無料--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: