中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国、結婚催促される若者が6割超 「仏系」の恋愛観がお一人様経済促進
  ·   2017-12-26
タグ: 婚活;恋愛観;社会
印刷

北京で今月23日、北京大学や清華大学などの大学数十校の学生や、北京の企業のホワイトカラー合わせて1000人以上が参加する「合コン」が開催された。同イベントは今回で6回目を迎えた。その参加者のほとんどは高等教育を受けており、有名大学の学生、修士課程、博士課程で学んでいる大学院生、さらに、00後(2000年以降生まれ)の大学1年生もいた。 中青在線が報じた。

主催者は婚活プラットフォーム「あなたと知り合いたい」を立ち上げる清華大学の起業チームで、イベントでは参加者1000人以上を対象にした調査も実施された。同調査によると、参加者の67.5%が親や友人から結婚を催促されており、その一部は春節(旧正月、2018年は2月16日)期間中に、お見合いすることが決まっていた。また、5年連続で春節にお見合いさせられた参加者もいた。

統計によると、参加者の87.6%が「仏系(仏のように物事に拘泥しない人々を指す)」の恋愛観を抱いていた。インターネットの発展に伴いSNSが誕生し、若者は孤独感を解消しやすくなっている。また、良好な教育を受けることができるようになり、ますます多くの若者が自分らしさ、伝統的な意味合いでの結婚ではなく、恋愛そのものを求めるようになっている。「仏系」の恋愛観は、一人暮らし用のアパートや一人分の料理など、「お一人様経済」の発展を促進している。

イベントに参加した約1000人のうち、IT業界で働いている人が35.2%、金融業界が28.6%、教育・科学研究業界が19.5%を占めていた。「あなたと知り合いたい」の分析によると、北京にはインターネット、金融、科学研究の分野に従事する人が集まっていることと一定の関係があり、インターネット、金融、教育などの業界には独身の人が多いことをある程度反映している。仕事が忙しく、出会いが少ないことが先に挙げた3つの業界に独身の人が多い主な原因だ。

特筆すべき点は、同調査によると、女性の57.3%が「優秀すぎて結婚できない」ということだ。清華大学の博士課程、留学した帰国組、また、何事にも才能を発揮できるなどの特徴は、男性から敬遠される材料となってしまう。参加した女性の多くがそのような「優秀」というレッテルを貼られ、ある女性は、「結婚できない理由は、みんなに『恋愛経験が足りない』と思われているか、『優秀すぎて、もっとハードルの低い女性のほうがいい』と思われているかのどちらか」と肩を落とす。統計によると、参加者の男性の78.4%が恋人を探す時には相手の年齢を気にする、女性の92.1%が相手の身長を気にすると答えた。一方、経済能力や外見、内面の気質などは二の次となっている。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年12月26日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: